シャンプータイプとブラシタイプの白髪染め

白髪染めをご利用の方はどのようなものを使っていますか?

シャンプータイプですか?

それともブラシタイプでしょうか?

白髪染めと言うと髪が多ければ多いほどシャンプータイプのようなもので全体を染める傾向がありますよね。

そこで白髪染めで差をつけるポイントです。

考えてみてください。

全体を染める人というのは、大抵全体にすでに白髪が生えてしまっている人なわけです。

髪の毛がグレーだったりしているわけですから、全体を染めます。

ということは、つまり白髪染めを始めてする人、または長い間してない人が多いということではないでしょうか。

ですから、シャンプータイプはどちらかというと、初めて、または久しぶりに染める人専用と考えてみてください。

次にブラシタイプですが、どのような人がブラシタイプを使うのでしょうか。

やはり全体を染める時にもブラシを使うことは悪くはありません。

ですが、自分でやる場合は結構時間がかかるのではないでしょうか。

美容院などで美容師さんに染めてもらう場合、美容師さんはブラシを使います。

それは丁寧に細かいところまで染めるためですね。

ですが、自分でやる場合は細かいところまで見えないはずです。

それでは自分で染める用の液で、何故ブラシタイプがあるのでしょうか。

それはすでに普段から染めている人で、根元だけ染めたいと思っているからです。

このように、少しだけ、染める場合や、染める場所が分かっている場合は、ブラシタイプでご自身でやるとうまく染まるのではないでしょうか。

根元だけ染めればいいのにシャンプータイプを使うのは勿体ないですよね。

ということで、シャンプー剤をうまく使い分けてみましょう。